本文へジャンプ

萩原珈琲オフィシャルサイト

会社沿革

1928昭和3年 10月萩原三代治、神戸市灘区城内通5丁目8番地(旧・武庫郡西灘村字原田620)にて、珈琲焙煎卸業を開業。
1938~
1945
昭和13~
昭和20年
戦時中~終戦時、砂糖・乳製品・缶詰等地区内指定配給となる。その間、地域発展に努める。
1950 昭和25年10月 珈琲生豆の輸入再開と共に営業を再開。
1959 昭和34年11月 大阪市北区金屋町2丁目41番地に、萩原珈琲大阪営業所を開設。
1963昭和38年 2月本店を神戸市灘区城内通1丁目6番18号に移転。
1964昭和39年 1月 「萩原珈琲株式会社」を設立。
萩原珈琲本店を萩原珈琲株式会社本社とする。
初代代表取締役社長に 萩原三代治 就任。
1970昭和45年 9月機械設備近代化のため本社を改築。
1975昭和50年 7月2代目代表取締役社長に 萩原恒雄 就任。
1977 昭和52年11月 神戸市中央区中山手通、接骨師会館地階に直営喫茶第一号店
「萩原珈琲店」オープン。
1980昭和55年 4月本社東隣に焙煎工場用地(約23坪)を確保。
1981昭和56年 4月本社東隣の焙煎工場火入れ式。
同焙煎工場竣工。
1982昭和57年 7月



12月
取締役企画部長 萩原孝治郎(現・代表取締役社長)が初めてブラジルを訪問。ブラジル三菱の専任カップテイスター、マネコ氏と出会い、PB商品「ブラジルHAGIHARA」の生豆作りを依頼。
大阪営業所を大阪支店とする。
1983 昭和58年11月 神戸市中央区、三宮ムーンライトビル1階に、珈琲専門店「珈琲倶楽部」オープン。
1985昭和60年 5月本社新社屋(鉄筋5階建)竣工。これを期に、CI導入。
1992平成4年 8月神戸市長田区駒ヶ林南町4番10号に焙煎工場用地(約163坪、
540.31㎡)を確保。
1993平成5年 2月
3月


10月
神戸市長田区の焙煎工場火入れ式。
同焙煎工場竣工(20kg・30kg炭火焙煎機・60kg遠赤外線ガス焙煎
機 計3機)
海外(韓国)の得意先との取引開始。
1994平成6年 2月
10月
資本金2,400万円から3,000万円に増資。
海外(中国)の得意先との取引開始。
1995平成7年 1月






4月
17日未明、阪神淡路大震災発生。得意先は壊滅状態。焙煎工場は全体で60㎝傾くなどの被害をこうむったが、応急処置で稼働することに決定。京阪神への供給分はユニオンコーヒーに豆の焙煎を依頼し、その他の地域への供給分はキャラバンコーヒーにすべて委託し、急場を凌ぐ。直営店「珈琲倶楽部」は壊滅状態で閉店。
ガス・水道が復旧。工場の修理(応急処置)も終り3ヶ月ぶりに稼働。
1997平成9年 12月3代目代表取締役社長に 萩原孝治郎 就任。
1998平成10年 5月
6月


11月
西宮市羽衣町に直営店「アン・ドゥ」オープン。
南米を訪問し、コロンビア三菱を通じて、さらにクオリティーの高い
「コロンビアHAGIHARA」の生豆作りを依頼。
本社ビル1階に珈琲豆挽き売り店「COFFEE STUDIO」オープン。
2006 平成18年 7月 神戸市中央区港島南町4丁目7番10号に焙煎工場用地(約300坪、
1,000㎡)を確保。
2007平成19年 2月
3月
神戸市中央区の焙煎工場火入れ式。
同焙煎工場竣工。
(10kg・20kg・30kg・30kg炭火焙煎機・60kg遠赤外線ガス焙煎機※1 計5機)
※1 現在は攪拌機として使用しており、焙煎は行ってお りません。

このページの先頭へ