本文へジャンプ

萩原珈琲オフィシャルサイト

JCQAコーヒー鑑定士

お客様のニーズに応えられる品質の製品を作るために

萩原珈琲では、2名のJ.C.Q.A.コーヒー鑑定士が高度な知識・経験・技術で、生豆の仕入れから焙煎、品質管理、包装に至るまで管理し、お客様のニーズにお応えできる製品を作るための努力をしております。

JCQAコーヒー鑑定士とは

J.C.Q.A.(全日本コーヒー検定委員会)が「コーヒーの原料調達・製造管理・品質管理等、極めて高度な専門的なコーヒーの知識と鑑定技術を取得した者」を認定するもので 2003年の資格認定制度を立ち上げ以来、認定者は2013年3月現在、全国で10名のみという非常に難易度の高い資格です。

J.C.Q.A.コーヒー鑑定士にはコーヒーに関する一連のプロセスの全てにおいて広く深い知識が求められ、「消費者ニーズに合う品質の製品を作る」ための商品設計、生豆鑑定、品質管理の3つのマスターが揃ってJ.C.Q.A.コーヒー鑑定士と認定されます。

鑑定士の紹介

萩原英治 取締役マネージャー

認定証 萩原マネージャー生豆品質はもちろん、初代より代々受け継がれた「焙煎技術」こそが萩原珈琲の品質の根源だと確信しています。 変わらぬ技術・品質を以って、皆様に充実したカップ1杯の珈琲をご提供致します。

河島賢祐 製造部部長

認定証河島製造部部長 弊社の炭火焙煎の珈琲は鑑定士で培った技術はもちろんのこと、おいしくなれ!といった気持ちも十分につまっておりますのでぜひ一度ご賞味下さい。

このページの先頭へ